「特需」にも浮かぬ顔

「生まれ育った土地が、安く買い叩かれているようで寂しいですね。政治家の言っていたバラ色の未来も怪しいものです」

ため息交じりに語るのは、済州島出身の韓国人男性である。いったい何が起きているのか。